痩せたら世界観が変わりココロもスタイリッシュになる!

痩せたら世界観が変わりココロもスタイリッシュになる!

「痩せたら良いのに」

「痩せたらカッコイイのに(可愛いのに)」

とか言われたり言ったりした経験ありませんか?

 

私は80kg近くあった時はよく言われていた方でした。

 

言われても全然気にしなかったし、

「まあ、そりゃそうだろうね。」

くらいしか聞く耳を持っていませんでした。

 

今はその意味が分かりますが、当時はその世界観が分からなかったんですね。

 

ではどう世界観が変わるんでしょうか。

 

モテる

まず、モテます。

これは確実だと思います。

 

特に40代超えてくると、スリムな男性って10人いたらどうでしょう。

2〜3人いるかいないかって感じじゃないですか?

 

ちなみに私の職場では男性15人ですが、スリムな男性は私とあと一人です。

あとは全員お腹出てる「THE中年」です・・。

 

そういう中にスリムな体型でいると「イケメン」扱いされます。

 

イケメン=オシャレ

も共通してくる部分だと思いますが、オシャレについては下記でお話しします。

 

 

オシャレになる

 

私みたいに2ヶ月で20kg痩せると、今まで着ていた服がブカブカになります。

 

すると当然着心地悪いので新しい服を買いに行きますね。

今まではLサイズ、LLサイズしか着れなかったのに、

Sサイズから選ぶことができます。

選ぶサイズの幅がグッと広がります。

 

スリム系でも良いし、ダボっとした服装もできる。

オシャレの幅が広がるんです。

 

特に、初めてSサイズの服を試着して鏡に映った姿は格別です。

まるでモデルさんが鏡に映ってるように見えるんです。(言い過ぎじゃなくて)

今までボテーっとしていた自分がスラッとしている。

 

細身の体型って、スリムなパンツにジャケットとかやっぱり似合うんです。

スーツを着てもスリム体型用のスーツなので仕事ができる風に見えます。

 

できる風に見えるので、仕事もそれに見合うように頑張ろう!という気持ちになり、

思わず仕事中も仕草にカッコつけたりしちゃいます。

 

歩道を歩いている時、お店のガラスに映った自分に見惚れちゃうんです。

「スリムになったなー」って。

そうすると、背筋を伸ばして歩き始めたり、とにかくカッコつけようとします。

 

カッコつけるってダサく聞こえるかもしれませんが、これってかなり重要だと思います。

 

カッコつけようとすることによって、カッコつけがエスカレートしていきます。

 

オシャレをもっとしようとしたり、口臭が気になっていたら口臭ケアもし始めます。

 

髪型に気をつけ始めたり、薄毛が気になってたらヘアケアもし始めます。

 

以前太っていたので、もうあんな自分に戻りたくない!ってリバウンドしないよう

今まで以上に体型管理に敏感になります。

 

だからカッコつけは永遠に持ち続けるべき行動なんだと思います。

 

髪の毛の改善をする

改善って抽象的ですが、これは「髪型」だったり「薄毛改善」を意味してます。

体型と身なりがオシャレなので、当然髪型もカッコつけたくなります。

 

ヘア雑誌で「こんな髪型にしたいな、今の俺に似合いそうだな」

って想像して今の自分にできる最高の髪型にイメチェンしたりします。

 

私は髪が細くて量も多くはなかったので「薄毛改善」と、今の自分にできる

イケてる(であろう)髪型を作るよう全力で頑張りました。

 

他人に優しくなる

痩せてくると心にもゆとりが出てきます。

 

例えば電車の中。

今まで電車に乗れば真っ先に座れる場所を探し、見つけたら一目散に座る。

 

ところが、痩せているとトレーニング感覚が出て、自然に立つ習慣が備わります。

席が目の前に空いてても「どうぞ」って他人に譲っちゃいます。

 

食事に行ったら、自分はあまり食べないので「良かったら食べる?」って

相手に自分の料理をあげたりしちゃいます。

 

家族が買い物で買ってくるの忘れた・・なんて事があれば

「歩きがてら買ってこようか?」って、「ウォーキングもできるし一石二鳥」

みたいな感覚が出てきます。

 

そんな事続けていると、他人のために何かしてあげたいって感情が芽生えてくるんです。

 

どんなことでも、自分が満たされてる時って、他人が喜ぶことをしてあげたくなるんですね。

 

お金がある人=他人にご馳走してあげたい。美味しいって喜んでいる顔が見たい

ストレスが無い人=他人の悩み相談に乗ってあげたくなる

 

逆に満たされてなければ自分のためだけに行動します。

 

でもそれは自然な原理だと思います。

まずは自分第一で他人は次。それが自然です。

 

なので、他人のために何かしてあげれるように、まずは自分を満たせていきたいものです。

 

食費が抑えられる

これについては説明不用ですね。

 

特に私のように米を食べなくなると

米を買わないだけで食費が全然違ってきます。

 

痩せた身体を手に入れて無駄な出費も抑えられる。

経済的だしエコだし良い事ばかりです。

 

少しの食べ物で1日活動できるので、まさに燃費の良いエコカーのようなものですね。

 

 

最後に

痩せたからだを手に入れた事によってこれだけ良い事があります。

今思いつくのは以上ですが、まだまだあるはずなので思い出したら更新していきます!

 

痩せてるカラダは身軽ですし、スリムになった姿を鏡で見て良い気分になるのは

何年経っても変わりません。

 

痩せてると周りからもしっかりした人間に見えるようです。

私の会社の中でも、太っていると自己管理できていないと思われることが多く

痩せてるといつも体調管理していて、仕事もちゃんとしている、しっかりしている

と思っている上司の方も多いです。

 

外見も内面もよく見られるところも良いことばかりですね。

 

私はもう太っていた頃に戻りたくありません。

 

この状態をキープするためにも今までやってきたことは継続していることはキープしていきます。

 

このブログでは、私がやってきたダイエット方法もご紹介してますので

良かったら下記記事から読んでみてください。

 

筋肉をつけるか、痩せたいだけかでダイエット法は変わる①(きっかけ編)

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

   ランキング参加中♪ポチッと応援お願いします(^^)   にほんブログ村 美容ブログへ   にほんブログ村 美容ブログ 男子力アップへ
  にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ
     
  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ