食べ過ぎても痩せる方法究極のダイエット断食のススメ

食べ過ぎても痩せる方法究極のダイエット 断食のススメ

断食と聞いて

 

「インドの修行僧みたい」

「断食なんて絶対無理!」

と拒否反応する方が多いかもしれませんね。

 

では、

私が何故断食をお勧めするのか、

食べ過ぎたらなぜ断食なのか、

断食って無茶な事じゃないの?

を、私なりの視点で解説していきます。

 

理解をして慣れてくるとダイエットが非常に楽になります。

お金を一切かけずに何もしなくても短期間で痩せれるので、

私の中の究極ダイエットです。

 

しかも毎日やらなくて良いのです。

 

食べたいものを食べたいだけ

食べた時にだけやれば良いダイエット法です。

 

なぜ断食をお勧めするのか

 

私は食べる事ってお金と同じだと思ってます。

お金使う時って予算がありますよね。財布の中とか通帳の中身とか。

使う限度ってありますし、使いまくっていたら明日、来月と生活ができません。

たくさん使ったらその分節約をして調整しなければいけませんよね。

 

私はダイエットも同じ考え方だと思っています。

 

食べまくっていたら当然どんどん肥えていきます。

どこかで調整しないと破産します。

 

①食べる=お金を使う

②食べ過ぎた=予算よりお金使い過ぎた

③昼食べ過ぎたから夜少しにしよう=お金節約

結論:昼食べ過ぎたら(お金使い過ぎたら)夜は少食(お金を使った分節約)

 

この3つが私HIRO流ダイエットの基礎です。

 

つまり、食べ過ぎた分少食にしよう

というのが断食につながります。

 

そして

 

「今日食べすぎたから、明日1日は食べるのをやめよう」

 

と食事を抜くこと。

食べた分食事を抜くことがHIRO流断食です。

 

そして食べ過ぎても痩せるコツです。

 

断食を身につけ、コントロールできれば特に運動しなくても勝手に痩せます。

しかも2kgくらいなら運動など何もしなくても1週間で落とせます。

 

断食なんて簡単にはできない!

と思われるかもしれません。

 

この後、断食のメリットなど説明します。

簡単にはできないと思っても、もしかしたらやってみようかなと思えるかもしれません。

良かったらぜひ読んでみてください。

 

食べ過ぎたらなぜ断食なのか

食べすぎたらなぜ断食までする必要があるのか。

 

先ほど、HIRO流ダイエットの基礎を説明しました。

①食べる=お金を使う

②食べ過ぎた=予算よりお金使い過ぎた

③昼食べ過ぎたから夜少しにしよう=お金節約

結論:昼食べ過ぎたら(お金使い過ぎたら)夜は少食(お金を使った分節約)

 

この3つですね。

 

食べ過ぎた=予算よりお金使い過ぎた

 

お金を使いすぎたら節約に回さないといけません。

カードローンで借金して使い過ぎた

となると節約もしつつ、返済も必要です。

 

つまり、ただ単に夜は少食で抑える、夜は食べなきゃ良い

だけではバランスが取れない場合もあります。

つまり、節約だけでは解決できない、と言うことですね。

 

そうした時は、前日にお腹いっぱい食べた分、翌日は「お金を返済する」意識で

何も摂取しないで過ごしてみます。

そうすると胃の中が空っぽになります。

摂取しないので入ってこないし、同時に便など排出はされるので

胃が空っぽのまま、余分なものは外に出ていきます。

 

胃は摂取しないので段々と落ち着いてきて、縮んでいきます。

 

胃の中がパンパンの状態でさらに食べていくと、まるで風船のように

胃袋が少しづつ肥大していきます。

 

それを防ぐためにもリセットが必要なんです。

 

胃の中の余分なものを外部に出す。

デトックス効果と言って良いか分かりませんが

不必要なものを排出しながら胃を元の状態へリセットします。

 

リセットされた胃の大きさなので、次の食事も前回と同じ感覚で食事できます。

これを意識的に行うことができれば永遠に太りません。

痩せたばかりの人でもリバウンドもしません。

体重を落としたい時、自分でコントロールして好きな時に落とすことが可能です。

 

改めて言いますが、断食が必要な理由は

胃の中を強制的に綺麗にしてリセットし、胃が肥大するのを未然に防ぐ

と言うことなんです。

断食中食べていい物飲んでいい物

断食中の食事は世間で色々言われてますが、私の成功体験でという見解で言いますね。

 

半日断食などは別にして、

一日断食は食べていい物はありません。

私は一切食べませんでした。

 

飲んで良い物は

砂糖が入ってない飲み物なら全てOK

としました。

 

なので、お酒でもビール、ハイボールなど、甘くないお酒もOKとしています。

豆乳は大豆で出来てるので迷いましたが、無調整なら砂糖入ってないし飲料なのでOK。

あまりがんじがらめにルール作っても訳分からなくなりますし面倒なので、

砂糖入ってない液体のみOK

とシンプルにルールを作り断食しています。

 

水分は良く取った方がいいと思います。

 

ブラックコーヒーや無糖の紅茶とか、カフェイン入った飲料は利尿作用活発なので、体内の排泄物は出来るだけ出し、デトックス効果を狙います。

 

その中でもヘルシア緑茶はオススメです。

空腹状態の胃は入って来たものをいつもよりも吸収します。

 

ヘルシア紹介ブログ

 

そういう時こそ吸収して欲しい成分を取る。

良く空腹状態の時に刺激あるものを取ると胃が荒れると言われますが、私はそんな事なかったので、ここぞと言わんばかりにヘルシア飲んでました。

これは体の個人差あるので、胃が荒れそうと心配あるようなら無理に飲まないで下さいね。

 

断食って無茶じゃないの?

 

ここまで読んでいただき、重要性は分かっていただいたとは思いますが

今まで3食食べていたのをいきなり1日2食、または1食

はたまた食事抜きっていうのはキツイかもしれません。

今までの習慣を変えることは難しいですからね。

 

なので、最初は自分自身でやれるレベルから徐々に慣れていってください。

 

例えば昼食べ過ぎたとしての例で

 

20:00以降は食べない

夜はご飯食べないでポテチだけ

夜は白米抜き(おかずのみ)

豆腐だけにする

炭酸水のんでお腹満たす

お酒だけ飲む

 

因みに私は、昼食べ過ぎた夜は決まってお酒だけ飲むにしてます。

ホントは何も胃に入れなくてもいいんですが、家族と食事する際に、何も食べないで席外すと何か疎外感あるし、家族揃ってないみたいで嫌なので、一緒に席に着くためにお酒を飲みます。

もちろんおつまみはなしで。

 

あと、断食の時に有効なのが

早めに寝る です。

仕事で疲れてるので、夜は意外と寝れます。

帰宅してお風呂入ってすぐ布団入る。

寝ちゃえば空腹忘れちゃうので。

 

すぐ寝れないならお酒飲んで寝る。

 

私は家族とか関係ないシーンでは、とっとと寝ます。

睡眠時間も取れて、胃の中も空っぽになっていい事づくめです。

ただ先程も言った通り、最初慣れていないなら少しでも胃に入れて寝る。

 

徐々に慣れていく事が大事です。

いきなりハードル上げる必要ありません。

 

夜少食にするだけでも断食第一歩です!

何かしらの行動する事が素晴らしいんです。

 

余計な物を胃に入れない事が目的です。

少しづつ少量から慣れていきましょう。

 

まとめ

 

以上断食はなぜ必要なのか、をご紹介させてもらいました。

断食の必要な理由は、ダイエットというのはお金と一緒で

使い過ぎたら(食べ過ぎたら)その分食事制限(節約)しましょう

とお話をしました。

 

ただ、普通の食事制限のあるダイエットではなく

食べたいものを食べたいだけ食べた時にだけやれば良いダイエット法です。

毎日やらなくて良いのです。

 

断食の一番の目的は

胃の中を強制的に綺麗にしてリセットし、胃が肥大するのを未然に防ぐ

ということです。

 

そして大事なことは

最初は決して無理をしないこと。徐々に慣れていく事が大事です。

いきなりハードル上げる必要ありません。

 

断食を身につけ、コントロールできれば特に運動しなくても勝手に痩せます。

 

しかも2kgくらいなら運動など何もしなくても1週間で落とせます。

 

毎日食事制限して食べたいものも食べれない

運動するのが面倒だ

お金をかけたダイエットしたくない

 

という方にはオススメですので、ぜひ一度少しづつやってみてはいかがでしょうか。

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

   ランキング参加中♪ポチッと応援お願いします(^^)   にほんブログ村 美容ブログへ   にほんブログ村 美容ブログ 男子力アップへ
  にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ
     
  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ